意外と知らない?

こんにちは、お客様サービスセンターの三宅です! 香川では厳しい寒さが日々和らいでいるのを感じます。 暖かい春がやってくるなぁと思うと寒さからの開放感か、 気持ちも行動も少し 軽やかになれる気がします(^▽^) &nbsp […]

こんにちは、お客様サービスセンターの三宅です!

香川では厳しい寒さが日々和らいでいるのを感じます。

暖かい春がやってくるなぁと思うと寒さからの開放感か、 気持ちも行動も少し

軽やかになれる気がします(^▽^)

 

とゆうことで先週末は家族で倉敷の美観地区に行ってまいりました!

夜の美観地区一帯を和の灯りで演出するイベント「春宵あかり」は、 小雨降る

中しっとりと楽しみ・・・。

写真1

 

翌日はぽかぽか陽気に恵まれながら散策。 家族で集まって小旅行という

貴重な時間を穏やかに満喫しました♪

写真2

 

日中は4月中旬並のような暖かさで、全員コートを車に残してきたほど!

歩き続けているとむしろじりじりとすら感じるほどの日差し・・・ 「春の紫外線を

侮っちゃいけませんよ」と熱弁していた先輩の顔が浮かびます 😥

 

でも、「なんで春の紫外線が怖いのか?」「そもそも紫外線の何が怖い

のか?」 意外と正確には知らない方も多いのでは!?と思い、紫外線の

影響について詳しい先輩に聞いてみました!

 

そもそも紫外線とは?

太陽光の一部で、見ることも感じることもできないのが紫外線。  「UV-A」

「UV-B」「UV-C」の3種類がありますが、このうち地上に届くのは「UV-A」と

「UV-B」です。

 

それぞれがお肌に与える影響とは?

「UV-A」は肌老化の特長である「シミ・シワ・たるみ」の原因になるといわれ

ています。  赤みや炎症が起きにくいため、気づかないうちに長い年月を

かけて少しずつダメージが蓄積されるのが特徴です。

肌の表面だけでなく奥深くまで到達し、コラーゲンやヒアルロン酸を生み出す

細胞を損傷するため、肌の弾力が失われてしまうのです。

 

「UV-B」は日焼け、「シミ・ソバカス」の原因になるといわれています。

主に肌の表面で吸収され、多量に浴びると短時間で赤くなってヒリヒリと炎症

を起こします。日焼け後にメラニンを増加させてシミやソバカスの原因になる

だけでなく、肌の保湿力を低下させ、カサつきやキメの乱れなどの悪影響を

もたらします。

 

年間の紫外線量  

地上に届く全紫外線のうち95%程を占める「UV-A」は、1年を通して注意が

必要ですがピークは4月~8月。少量でも強力なダメージを与える「UV-B」の

ピークは5月~8月。

春は夏の暑さや強烈な日差し・冬の寒さや乾燥に比べてすごしやすいからと

いっても油断大敵。ダメージに気づきにくい「UV-A」がピークを迎え、その後

追い討ちのように強力な「UV-B」も増加してくる季節だったのです!

 

肌の美と健康を守るために、日常的に紫外線対策を!  

曇りや雨でも、屋内で過ごすことが多くても、知らず知らずのうちに浴びて

しまっているのが紫外線です。上からだけではなく反射して四方八方飛び

交うので、外出するときは首元や足元にも注意が必要。

日焼け止めや帽子、アームカバー、日傘などライフスタイルに合わせて使い

分けてみてはいかがでしょうか。

 

こうして見ると紫外線について知らないことばかりでした。 正しい知識を身に

つけられた今から、対策には力を入れていきたいと思います!

紫外線対策までをスキンケアの一連の流れとすることで、蓄積するダメージを

大幅に軽減させることができます。

5年後10年後でも内側から輝くような美しい肌を育てていきたいですね♪

 

写真3

 

アトピスマイルクリームが紹介されました!

ファッション雑誌「non-no」などで活躍中の森 貴美子さんが、 ご自信の アメーバブログ「モリキミニッキ☆」で アトピスマイルクリーム を紹介して くれました!   森貴美子さんの2歳になるお子様の肌のお手入 […]

ファッション雑誌「non-no」などで活躍中の森 貴美子さんが、 ご自信の

アメーバブログ「モリキミニッキ☆」アトピスマイルクリーム を紹介して

くれました!

DSC_0480

 

森貴美子さんの2歳になるお子様の肌のお手入れや、ご自身のボディケア

にもお使いいただいているようです。

お米から作られた、安心な 「ライスパワーエキス」 が配合されているので

小さなお子様や敏感肌の方でも安心して使えると、嬉しいお言葉を

いただきました♪

 

DSC_8409

 

アトピスマイルクリーム に配合されている、ライスパワーエキスNo.11

一般的な保湿剤とは異なり、肌に水分を保つ物質の膜を肌の表面に

付着 させているのではなく、セラミドを肌の内側から増大させることで

肌の保水力を高めます

つまり肌そのものが水分を保つ力(皮膚水分保持能)を改善してくれる効果

がありますので、バリア機能を高めダメージに負けない強い肌に改善 して

くれます。

 

春は、温度変化が激しくチリやホコリが付着しやすいのでお肌が不安定に

なりトラブルが起こりやすい季節です。 肌トラブルが起きる前に、毎日の

お手入れで皮膚水分保持能を改善し、しっとりとうるおいのある肌を手に

入れましょう。

 

今なら「2015 春のアトピスマイルキャンペーン」を実施しておりますので、

この機会にぜひお試しくださいませ。

バレンタインCP1502_バナー_01

 

また、お肌に合うか不安という方のために無料サンプルもご用意しております。

お肌のお悩みやお手入れ方法などもご紹介させていただきますので、

無料サンプルご希望の方は、フリーダイヤル 0120-73-4141 までお気軽に

ご連絡 くださいませ。

 

春のスキンケアには・・・

皆さん、こんにちは! 勇心酒造お客様サービスセンターの谷矢です。 3月も半ばになり、弊社のあります香川県綾川町も少しずつ暖かくなって まいりました。 弊社の敷地を埋め尽くすように咲いている梅の花も、いよいよ満開を 迎えて […]

皆さん、こんにちは! 勇心酒造お客様サービスセンターの谷矢です。

3月も半ばになり、弊社のあります香川県綾川町も少しずつ暖かくなって

まいりました。

弊社の敷地を埋め尽くすように咲いている梅の花も、いよいよ満開を

迎えています。

梅

 

実は綾川町の町木は「梅」なんです。 かの有名な菅原道真公の梅を

太宰府天満宮から滝宮天満宮に贈られたことが始まりです。

高松方面から弊社のほうへ続く国道32号は、この季節色とりどりの梅の花が

目を楽しませてくれます。

お立ち寄りの機会がある方は、ぜひご覧になってみてください。

 

春らしいことをしてみようと、先週末は「いちご狩り」へ出かけました。

香川県の三木町にある観光農園「森のいちご」へ行くと、 家族連れの方や、

学生さんで賑わっていました。 「いちご狩りのシーズンにはまだ早いかも?」

と思っていたのですが、ハウスの中には沢山のツヤツヤの苺が!

苺①

苺②

1時間食べ放題だったので、赤くてキレイな実を選んでたくさんいただきま

した。 ビタミンCの補給バッチリです! 完全防備のハウスのなかで、外敵

から守られ、日照時間もコントロールされて、すくすく育った苺から 園主さんの

こだわりを強く感じました。

 

さて、この季節のお出かけというと、気温の面では過ごしやすくなっています

が、秋冬から続く乾燥 ・春に向けて強くなる紫外線 とお肌にとっては気になる

事も…。

ハウス栽培で完全防備!とはいきませんが、お肌にもガードは必要です。

 

そんななかおススメさせていただきたいのが 「ライースエッセンスUV

ライスパワーエキス№1配合の日中用美容液です。 スキンケアの最後に、

ファンデーションの前にプラスしていただけます。

エッセンスUV使用中

スーっとなじむテクスチャーで、塗った後は肌がみずみずしく輝くように。

SPF28、PA++で紫外線からしっかりと肌を守る効果もありますが、

今回ご紹介したいのがエッセンスUVの「メイクから肌を守る美容液」としての

役割です。 毎日のように私たちがしているメイクも、場合によってはお肌の

刺激となることがあります。 将来のお肌のためにも毎日の刺激・負担を軽減

したいところですね。

 

エッセンスUVは「単なる化粧下地・日焼け止め」としての効果をもつだけで

なく、 「メイクの刺激からお肌を守る効果」もあるんです!

配合されているライスパワーエキスNo.1が、お肌を健全な状態に整え、 紫外

線やメイクの刺激からお肌を守ります。 私も毎日使っていますが、白浮きも

せずつややかな肌に整えてくれるので とっても使いやすいアイテムです。

春のスキンケアにはぜひライースエッセンスUVを取り入れて、 お出かけを

楽しんでください♪

 

ひなまつりとお米の深い関係

今日は楽しいひな祭りです。 「ライスパワーの勇心酒造」として常日頃、「お米の力」をお届けさせて頂いて いる弊社でございますが、ひな祭りもまたお米と深い関係があることをご存知 でしょうか。   煌びやかな人形を飾 […]

3

今日は楽しいひな祭りです。

「ライスパワーの勇心酒造」として常日頃、「お米の力」をお届けさせて頂いて

いる弊社でございますが、ひな祭りもまたお米と深い関係があることをご存知

でしょうか。

 

煌びやかな人形を飾り、女の子の成長を祈るひなまつりは昔から女の子の

いる家庭では欠かせない大切な年中行事の一つですが、実はお米と深い

関係があります。

 

そもそも、日本の年中行事自体がお米づくりと深い関わりがあるのです。

昔の日本では、お米づくりが生活の中心でした。

雨が降らなければお米は育ちませんが、一方で、収穫の時期に台風が来ると

お米はだめになってしまいます。

 

自然がもたらす恵みや災害は神様のすることだと考え、神様にお祈りし、収穫

を感謝する行事が行われるようになりました。

このような年中行事の一つが、ひなまつりです。

 

ひなまつりは、ひな人形を飾って女の子の成長と幸せを願う行事です。

桃の花が咲く時期にあたるため「桃の節句」ともよばれています。

日本には田植えの始まる季節に、田の神様をお迎えするために海や山へ

出かける風習があり、人の形に切った紙、人形(ひとがた)で体をなでて

悪い運など人形に移し、川や海に流していました。

 

この人形と女の子が紙人形で遊んでいた「ひいなあそび」が結びつき、

ひな人形になったと言われています。「ひいな」とは小さくて可愛いものという

意味があり、宮中では紙の着せ替え人形で遊ぶ「ひいなあそび」が楽しまれ

ていました。

 

5

ひなまつりに欠かせないのがひしもちです。

ひしもちはご存知のとおり菱形で、紅・白・緑の三色が重なって華やかな

ひなまつりに彩りを添えています。

 

この色の意味については「紅=桃、白=雪、緑=草」という説もあれば、

「紅=疫病除け・魔除け、白=清浄、緑=邪気払い」という説もあります。

紅餅は解毒作用があると言われるクチナシで色をつけ、白餅には血圧を

下げると言われるひしの実が入り、緑餅は増血効果があると言われる

よもぎを混ぜています。また、菱形は「心臓」を表していると言われ、

災厄払いや健康を願う気持ちが込められています。

 

もち米を原料とする色とりどりのひなあられや、お米のポン菓子に砂糖がけ

したひなあられも、ひなまつりに欠かせないアイテムです。

ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表していると言われています。

でんぷんが多く健康に良いことから「1年中幸せに過ごせるように」という願い

が込められています。

 

そして、白酒もひなまつりの重要なアイテムです。

白酒は江戸時代初期からつくられていましたが、ひなまつりに飲むように

なったのは江戸時代後期からです。

ある地域では流しびなの時、子どもたちは人形と白酒で別れの杯をおこ

なって、その後泣きながら人形を流したようです。

 

ひなまつりのお祝いご膳の代表格といえば、ちらし寿司です。

その由来は様々ですが、健やかな成長を祈って、えび(長生き)、れんこん

(見通しが利く)、豆(健康でまめに働ける)などの縁起の良い具を用い、

また他にもみつば、玉子、にんじんなど食卓に春を運んでくれる彩も鮮やかな

食材でお祝いの席を華やかに演出する意もあるようです。

 

このように、ひなまつりのお供え物や食べ物の多くはお米からできている

のです。

今年は是非、「お米と関係の深いひなまつり」のルーツに思いを巡らせ

ながら、美味しいお米の産物に舌鼓を打ってみて下さいませ。

 

おひなさん写真1_a

また、毎年この時期には、勇心酒造創業の地である香川県宇多津町で

「うたづの町屋とおひなさん」というイベントを開催しております。

 

大正時代や昭和初期から各家庭で大切に守られてきたひな人形を、

町内に点在する昔ながらの町屋の玄関先や室内に飾り、一般の人に見学

してもらうという宇多津町あげての大イベントです。

今年は2月28日、3月1日に開催いたしました。弊社のブースではお酒の試飲

などもお楽しみ頂けますので、是非来年は足をお運び下さいませ。